婚約破棄慰謝料請求内容証明郵便の書き方

雛型や文例

婚約男女

婚約破棄の慰謝料を請求するための内容証明郵便の書き方に関する書籍は、書店に行けば選択に迷うほどの種類があり、その書籍には文例も掲載されています。

また、インターネット上に公開されている雛型もあります。
これらは一般的に以下のようなものでしょう。

  • ※文例
  • 「貴殿と私は平成○年○月○日に婚約し、結婚式場を予約するなど結婚の準備をしてきました。
    ところが貴殿は、平成○年○月○日に「他に好きな女性ができた」という理由で一方的に婚約を破棄する旨を通告してきました。
    この貴殿からの一方的な婚約破棄により私の受けた精神的苦痛は甚大でありますので、慰謝料として金○万円請求します。
    つきましては、下記の口座に、本書面到達後○日以内にお振込ください。
    また、期日までに慰謝料の振込がない場合は、法的措置を取ることになりますことをご承知おきください。」

雛形を使用しても効果は期待できない

はっきり申し上げまして、このような内容証明郵便を元婚約者に送付したところで、指定した期日までに指定した口座に慰謝料が振り込まれる可能性は皆無と言えます。
また、そもそも、請求自体を無視される可能性も高いと考えられます。

つまり、雛型をそのまま使用しても効果はほとんど期待できないのです。

ポイント

ここがポイント!


書籍やインターネット上に公開されている内容証明郵便の雛形を使用しても効果は期待できない!

効果が期待できない理由

疑問

では、なぜ雛型をそのまま使用しても効果が期待できないのでしょうか?

ここで考えていただきたいのは、雛型をそのまま使用して、指定した期日までに指定した口座に慰謝料が振り込まれることがなく無視された場合において、請求者の次の手段は何か?ということです。

次の手段

裁判所

それは、一度ぐらいは督促するにしても、その督促も無視された場合には、本当に法的措置を取る(調停や訴訟を起こす)か諦めるかのどちらかしかありません。

つまり、請求する立場としては、よほど裁判が大好きな少々変わった人を除けば、請求が無視されると困るわけです。

相手も話し合いで解決したい

喫茶店

一方で相手方としても、できれば話し合いで解決したいと思っています。
なぜなら、訴訟ともなれば時間も費用も莫大にかかるからです。

しかし、内容証明郵便に記載されている通りに慰謝料を振り込んだとしても、後日再度請求されるのではないかという危惧は残ります。
そのため、仮に金額に同意できる場合であっても、怖くて振り込むことなどできないのです。

無視せざるを得ない内容になっている

つまり、内容証明郵便が無視されることは、請求者にとっても相手方にとっても困る事態になるわけです。
それにも関わらず、雛型は、請求される側が無視せざるを得ないような内容になっているからです。

ポイント

ここがポイント!


公開されている雛形は、請求される側が無視せざるを得ないような内容になっている。

それでも何か回答をしてくるのでは?

疑問

もっとも、相手方が無視せざるを得ないように記載になっていたとしても、さすがに回答ぐらいはしてくるのではないの?と思われるかもしれません。

回答してくる人もいる

確かに、雛形を使用した内容証明郵便に対して回答をしてくる人がいることも事実です。
例えば「貴方が請求している○万円は高すぎるから、△万円でどうですか?」のような感じですね。
請求された人が弁護士や行政書士等に相談すれば、その可能性は更に高まると言えます。

パニックに陥っている

パニック

しかし、請求を受けた多くの人はパニックに陥っているのです。
そして、パニックに陥った人は専門家に相談することもなく、自身で「振り込むか?それとも訴訟か?」の二択と判断してしまうことが多々あるのです。

そうすると、やはり雛形を使用した内容証明郵便は無視される危険性が大きいのです。

ポイント

ここがポイント!


慰謝料を請求された人はパニックに陥っていることが多く、専門家に相談することも思いつかないことが多い。

内容証明郵便で請求する目的

そもそも、元婚約者に内容証明郵便で慰謝料を請求する目的は、その書面1通を送付することで慰謝料を振り込ませることではありません。

というより、書面1通を送付することによって慰謝料が振り込まれてくるという夢のような話は、実際にそうそうあるものではありません。

疑問

では、書面を送付する目的は何なのでしょうか?

前述のように、書面1通を送付すれば万事解決するわけではありません。
あくまでも最初の書面の送付はきっかけにすぎないのです。

話し合いの土俵に乗せる

つまり、書面で請求する目的は、元婚約者を話し合いの土俵に乗せることです。

元婚約者も話し合いを望んでいる

喫茶店

そして、上記のように、相手方としても、できれば話し合いで解決したいと思っています。
つまり、基本的には話し合いの土俵に乗ることを元婚約者も望んでいるのです。

しかし、土俵に乗ることができない

しかし、雛型を使用した場合、元婚約者に「振り込むか?それとも訴訟をするか?」を選ばせているわけです。

いわば「右手を切り落とすか?左手を切り落とすか?」という感じでどちらも選べないような選択肢を提示をしているようなものです。

これでは、双方が話し合いによって解決したいと考えていたとしても、到底話し合いなどできないでしょう。
つまり、話し合いの土俵に乗せることができないわけです。

少々おかしな相手への対応

なお、ごく一般的な常識や道徳観を持った相手方は、話し合いによって解決させたいと思っています。
しかし、相談を受けていても「この人は頭が少々おかしいのではないか?」という人もいます。

裁判所

具体的には明らかに請求された側に非があるにも関わらず、婚約が結婚に至らなかったのは請求者側に問題があると考えている人などです。

不幸にもそういう少々頭がおかしい人が元婚約者である場合は、一度内容証明郵便を送付して請求した事実を作っておいて、その後は即座に調停又は訴訟を起こされたほうがいいでしょう。

ポイント

ここがポイント!


内容証明郵便等の書面で請求する目的は、元婚約書を話し合いの土俵に乗せること。

上手な書き方

疑問

では、書面を作成するにあたり、元婚約者を話し合いの土俵に乗せるにはどのように記載すればいいでしょうか?

それは「返事を出しやすいように誘導する」ということに尽きます。

誘導の仕方

金額に対する意見を尋ねる

慰謝料

例えば「慰謝料として金○万円を請求します」とするのではなく、「私は貴殿に金○万円を支払ってもらうことで解決させたいと思いますが、貴殿の考えを聞かせてください。」などと記載するわけです。

そうすると、相手方が話し合いにて解決する考えがあれば、「私は○万円での解決を希望します。」などと返事を出してくるでしょう。

支払い方法を提示させる

また、一方的に「慰謝料として金○万円請求します。つきましては、下記の口座に、本書面到達後○日以内にお振込ください。」とするのではなく、「慰謝料として金○万円を請求するので、本書面到達後○日以内に貴殿の考える支払い方法を書面にて提示してください。」などと記載するのもいいでしょう。

優しすぎないように

ただし、あまりに優しく記載してしまうと元婚約者はつけ上がる可能性があります。
そこで、裁判例等を交えながら請求している金額が妥当であり、基本的には譲歩する気はないということや、原則として支払いは一括払いであるということを記載するなどしたほうがいいと言えます。

ポイント

ここがポイント!


元婚約者が返事を出しやすいように誘導する!

請求には内容証明郵便を使用しなければならない?

ここまで内容証明郵便の書き方をご説明しましたが、そもそも慰謝料などは内容証明郵便を使用して請求しなければいけないのでしょうか?
それについては→次のページ(内容証明郵便を使用しない婚約破棄慰謝料請求)で説明しています。

内容証明郵便の関連記事

内容証明郵便とはどのようなもの?

請求には内容証明郵便を使用しなければいけないの?

婚約破棄慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ