婚約破棄慰謝料請求者の本音

請求者の本音はどこにある?

婚約男女

これは、あくまでもこれまで当事務所が慰謝料請求のお手伝いをしてきた中での私個人の経験からの考えです。

慰謝料

当事務所がお手伝いした婚約破棄の慰謝料請求のケースでは、「どのぐらいの慰謝料額を請求されたいですか?」とお聞きすると、最初は「お金に困っているわけではありませんから、100万円でも200万円でも構わないです。金額の問題ではないですから」という回答が多いです。
また、ひどいとき(?)には「先生が決めてください」という人すらいました。

「えっ?私が決めるの?」と困ってしまったものです……
もちろん、私はアドバイスするだけで、最終決定は依頼者にしていただきましたが。

慰謝料額は二の次であることが多い

上記のように、慰謝料請求者は金額にあまりこだわっていないことが多いです。

たまに、最初から「絶対にこの金額」と言われる方もいらっしゃいますが、多くの方の場合、慰謝料額は二の次です。

というのも、一般的に請求者は別にお金に困っているわけではないですからね。

謝罪を望んでいることが多い

疑問

では、慰謝料請求者はいったい何を望んでいるのでしょうか?

もちろん、希望は人それぞれではあるのですが、基本的に請求者がもっとも望んでいるのは心からの謝罪です。

謝罪

200万円を請求していても「きちんと謝罪を受けられるのであれば、50万円ぐらいで許してやるか」という具合に考えている人も多いようです。

第一に謝罪を得たい、第二にけじめをつけたい、第三に金銭を得ることを目的にしている人が多いように思います。

ポイント

ここがポイント!


請求者の当初の目的は、謝罪を得ること、けじめをつけることが主であって、金額は二の次であることが多い。

請求された人の対応によって気持ちは変わる

ところが、請求された側からの返答によって、請求者の気持ちは変わっていきます。

請求に対して逃げ回る(無視し続ける)男性、「俺は悪くない、全てはお前の責任」などと自己弁護に終始する男性、請求額を何とか値切ろうとする姿が見えすぎる(金額のことにしか目がいかず、その裏を読めていない)男性、ウソをでっち上げる男性(たまたま全て男性であるだけです)などは、早期円満に解決することを自ら放棄しているようなものです。

私は請求された側からの返答を見て、「この男は馬鹿だな~、下手だな~」と感じますが、多くの男性(女性も)の態度はこのような感じです。

下手な対応

例えば、以下のような回答が届いたらどうですか?

  • ※回答例1
  • 「俺も悪いがお前も悪い。だから200万円などは払わない。どっちもどっちだけど、多少俺のほうが悪いようだから、50万円で示談しよう」

さすがに、こんなタメ口や、俺、お前などと記載された文書は見たことがありませんが、このような調子の文面はよく見かけます。

怒る女性

あなたが請求する立場なら「はあ?最初は100万円ぐらいで許してやろうかと思っていたけど、絶対に200万円から譲らないぞ!」となりませんか?

もちろん、棄慰謝料請求を無視した場合も同じで、請求額が上がることはあっても、下がることはないでしょう。
まさに下手な対応の典型例です。

上手な対応

これに対して以下のようなという文面ならどうでしょうか?

  • ※回答例2
  • 「僕から婚約を破棄し、君に精神的苦痛を与えたことは認めて謝罪します。本当に申し訳なかったと思っています。しかし、お互いに一度は結婚しようと思い合った僕たちが、裁判所で対決することは避けたいと考えています。君も知っているように、僕の年収は200万円で預貯金もほとんどありませんから、君の要求する200万円を支払うことはできませんが、何とか分割で払っていくつもりなので50万円にしてくれないでしょうか?」

あなたが請求する立場なら「う~ん、200万円の請求で50万円の支払いでは納得できないが、まあ100万円ぐらいに下げてやるか」と思われるのではないでしょうか?

そうすれば、今度はそれに対して「100万円で許してあげるよ」、「何とか75万円になりませんか?そこまでなら何とかします」、「仕方ないなあ、75万円で勘弁してやろう」という具合に進む可能性が高いのです。

怒る女性

もちろん、200万円の請求に対して10万円で許してなど、あまりに低額を提示すると、いくら謝罪しても「馬鹿にしているのか!」と請求者を怒らせるだけですよ。

したがって、相場らしきものにある程度近い金額は提示する必要があります。
なお、相場らしき金額については→こちらの婚約破棄慰謝料の相場を参考にされてください。

ポイント

ここがポイント!


対応方法によって請求者の気持ちは変わる。
請求を無視した場合、金額が上がることはあっても、下がることはない。

回答書に記載したほうがいいこと

婚約破棄の慰謝料請求に対しては、必ず回答書を出すべきであることは→こちらの婚約破棄の慰謝料を請求されたらでご説明している通りです。
したがって、慰謝料請求に対しては、基本的に書面で回答することになります。

そうすると、この書面にどのようなことを記載するかによって、解決結果は全く異なります。

謝罪の文言

疑問

では、回答書にはどのようなことを記載すれば良いのでしょうか?

請求された側からしても、いろいろなことを主張したいと思います。
請求金額は高すぎる!などです。

謝罪

しかし、まずは謝罪の文言を記載したほうがいいでしょう。

なぜなら、前述のように、請求者がもっとも求めている可能性が高いものは、心からの謝罪だからです。

温かい言葉

もちろん、請求された側が全く悪くない場合は別です。
謝罪をする必要などありません。
ただ、全く悪くないにしても、温かい言葉ぐらいは記載してもいいと思いますよ。

婚約破棄の慰謝料請求をする人は、そこまでに非常に考え、傷つき、悩みに悩んだ末に請求しているのです。(もちろん、例外もいます……)

そこまで請求者を追い詰めたことは、全てが請求される側の責任ではなくても、責任の一部はあることでしょう。

期間

例えば以下のような文面であるならば、請求者も意地になって調停、訴訟と突き進まずに、当事者間で和解できる可能性が高まると思います。

そして、当事者間で和解できるということは、結果として婚約破棄問題にかかる時間も費用も大幅に節約できることになり、お互いにとっても有益なのです。

  • ※回答例3
  • 「このような請求をするまで悩んだ君も辛かっただろう。ただ、裁判例から判断しても婚約は成立していないから、君からの慰謝料請求には応じられない」

婚約破棄の慰謝料請求の場合、請求者がお金に困っているということは、あまりありません。

つまり、儲けよう(?)と思って婚約破棄の慰謝料を請求しようとしているわけではありません。

ほとんどの人は、金額の問題ではない(金の亡者のような人もいましたので、一部を除きます)のです。
そのため、きちんとした謝罪と対応をすれば、すぐに解決する可能性は高いのです。

ポイント

ここがポイント!


回答の書面には謝罪の言葉を記載したほうが良く、謝罪の言葉があればすぐに解決できる可能性も高まる。

中絶の慰謝料を請求はどうなる?

ここまでは請求された側からの視点で見てきましたが、婚約中に妊娠し、出産前に破棄に至った場合は、中絶という選択をするケースがよくあります。
また、婚約は成立していないものの、妊娠・中絶という形になることもあります。
そこで、次は中絶について説明します。
具体的には、中絶したことによって慰謝料は請求できるのでしょうか?
それについては→次のページ(中絶の慰謝料請求)で説明しています。

請求された人の関連記事

慰謝料を請求されたらどうすればいいの?

金○円が妥当?

分割払いは可能?

提示額の理由

謝罪文

婚約破棄慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ