求償権行使を匂わされた場合の対応

求償権を行使しないことを条件にした減額要求

喧嘩

配偶者の不倫相手・浮気相手に慰謝料を請求すると、「ご主人(奥様)に対して求償権を行使しないので、慰謝料を○万円(多くの場合は請求額の半額が提示されています。)にしてほしい」という減額要求が出てくることがよくあります。

求償権とは

疑問

では、この求償権とはどのようなものなのでしょうか?

まず、「求償権」という名前からして、何らかの権利であることはご理解いただけると思います。

不真正連帯債務

法律

次に、例えばその事例における一般的な慰謝料額が200万円であったとしましょう。
そうすると、この200万円は請求者の配偶者と不倫相手の不真正連帯債務(このページでは普通の連帯債務と同じに考えて構いません。)となります。

そして、連帯債務者各自は、独立して全責任を負います。
つまり、配偶者と不倫相手各自が200万円全額の支払い義務を負うのです。

もっとも、それぞれから200万円(合計400万円)を受け取れるわけではありません。
あくまでも、二人から併せて200万円を受け取れるということになります。

一人だけで負担するのは不公平

慰謝料

そして、仮に不倫相手が200万円を支払った場合、二人で支払うべきものを一人だけが負担していることになります。
とすると、そのまま終わってしまっては不公平ですよね。

そこで、「私から奥様(ご主人)に全額払っておいたから、今度はあなたの負担分を私に払ってください。」と請求する権利が生じます。

このような権利を求償権といいます。

そして、この求償権を行使しない(=被害者の配偶者には請求しない)から、最初から減額してほしいという申し出です。

ポイント

ここがポイント!


慰謝料は加害者が連帯して支払うものなので、不倫相手が全額を払った場合、請求者の配偶者に求償権行使が可能となる。
そこで、この求償権を行使しないことを条件に減額を求めてくることが多々ある。

減額要求に応じる

疑問

では、求償権の放棄を条件に減額を申し出てきた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか?

このような場合は、離婚するのか、それとも今後も婚姻を継続するかに分けて対応方法を考える必要があります。

離婚する場合

離婚届

まず、離婚するのであれば、元夫(元妻)が後日不倫相手から求償権を行使されようが知ったことではありません。

したがって、求償権の放棄を条件に減額に応じる意味はほぼないと言えます。

「あとは貴方達で勝手に負担分を決めてね」で終わる話です。

守ってあげたいなら応じる余地もある

もっとも、離婚はするものの元夫(元妻)を求償権を行使されることから守ってあげたいと考えるのであれば、応じる余地もあると言えます。

婚姻を継続する場合

次に、今後も婚姻を継続するのであれば、被害者側の家計という見地からは、配偶者の不倫相手からの「求償権を行使しないので減額してほしい」という要求に応じても、応じなくても、結果は基本的に同じです。

応じたら

慰謝料

というのも、例えばその事例における一般的な慰謝料額が200万円であるとします。
そして、求償権の放棄を条件とする減額に応じて、その半額の100万円で和解したとしましょう。
そうすると、被害者側の家庭に入ってくる金額は当たり前の話ですが100万円です。

応じなければ

一方、求償権の放棄を条件とする減額に応じなかった場合、一時的には被害者側の家庭に200万円が入ってきます。
しかし、後日求償権を行使されれば、その半額は出ていくことになります。
そうすると、やはり被害者側の家庭に残る金額は100万円ということになるからです。

そうだとすれば、早期解決のためにも、配偶者の不倫相手からの「求償権を行使しないので減額してほしい」という要求に応じることを検討しても良いかもしれません。

ポイント

ここがポイント!


婚姻を継続するのであれば、求償権放棄の代わりに慰謝料減額という要望に応じても応じなくても、夫婦の財産という観点からすれば結果は同じ。

減額要求を拒絶する

離婚する場合

離婚届

これに対し、離婚に至る場合は、被害者側の家計という見地で考える必要はありません。
離婚するのですから、その後の配偶者のことなど知ったことではないからです。

したがって、この場合は、不倫相手からの「求償権を行使しないので減額してほしい」という要求に対しては、原則として拒絶ということになるでしょう。

なお、離婚することを不倫相手が知っている場合は、上記のように原則として拒絶されることが分かっています。
そのため、そもそもこのような要求は出てこないことが多いです。

ポイント

ここがポイント!


離婚するのであれば、求償権放棄の代わりに慰謝料減額という要望は拒絶!

婚姻を継続する場合

前述のように、求償権の放棄を条件に減額に応じた場合と、それに応じずに後日行使された場合とでは、基本的に結果は同じです。

しかし、権利を持っていることと、実際にその権利を行使することは全く別の話です。
これは慰謝料請求についても同じですよね。
慰謝料請求の権利を持っていたとしても、請求しない人もいるわけです。

求償権は必ずしも行使されるとは限らない

つまり、配偶者の不倫相手が求償権を持っているとしても、それを必ずしも行使するとは限らないのです。

なぜなら、請求にはかなりの労力や精神的負担がかかりますから、権利行使を躊躇する人もいるからです。

そこで、「もしかすると求償権を実際には行使されないかもしれないのだし、求償権を行使されたらされたときに考えよう」と覚悟を決めて、「ご自由に行使してください」と回答するのも一案です。

ポイント

ここがポイント!


求償権を必ず行使されるとは限らない。

行使の相手方は他方の加害者のみ

もっとも、不倫相手が求償権を行使できる相手方は、他方の加害者のみです。

例えば、夫が不倫した場合、求償権を行使されるのは夫だけであり、妻は法的には無関係です。
そのため「自分の責任は自分で取れ、私が受け取った慰謝料からはビタ一文出さない」と夫に言うこともできるのです。

そこで、夫も相応の責任を負うべきだと考えるのであれば、「求償権を行使しないので減額してほしい」という要求は拒絶しても良いでしょう。

実際に行使された場合の負担割合

疑問

では、実際に求償権を行使してきた場合、配偶者と不倫相手の負担割合はどのようになるのでしょうか?

言い換えれば、不倫相手から受け取った額のどの程度を払わなければいけないのか(もちろん、払うのは配偶者です。)ということです。

第三者の責任は副次的

裁判所

まず、判例によれば、第一に損害賠償をなすべきは、配偶者であって、不貞行為に加担した第三者(不倫相手)の責任は副次的なものとされています。

例えば、夫が不倫した場合、妻に対して主たる責任を負うのはその夫であり、夫の不倫相手の責任は副次的ということです。

少なくとも半分

したがって、少なくとも半分は覚悟する必要があります。

また、前述のように主たる責任を負うのは配偶者です。
そのため、場合によっては6割から7割程度請求してくることが考えられますし、ケース・バイ・ケースですが、その支払いに応じる必要が出てくることもあります。
しつこいようですが、支払う義務を負っているのは、もちろん配偶者だけですけどね。

ポイント

ここがポイント!


求償権を行使されたら、受け取った慰謝料の少なくとも半分は取り戻される覚悟が必要。

慰謝料を請求することに抵抗を感じたら

求償権は慰謝料を請求した場合にのみ問題になるわけですが、不倫があったからと言ってそもそも慰謝料を請求しなければならない決まりはありません。
そして、慰謝料を請求することに引け目や抵抗を感じている人もいます。
そのように感じる場合は、どのように考えれば良いのでしょうか?
それについては→次のページ(不倫の慰謝料を請求することへの抵抗)で説明しております。

請求する人の人気記事

職場内の不倫にはどう対処したらいいの?

請求が失敗するのはどのようなタイプの人?

不倫相手と別れされるにはどうしたらいいの?

請求せずに解決するにはどうしたらいいの?

不倫相手だけに払わせることはできるの?

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ