不倫の慰謝料を請求しないという選択肢

不倫問題発覚

偶者の不倫問題が発覚した際に、配偶者の不倫相手に対して慰謝料を請求しなければならないという決まりは当然ながらありませんが、多くの人は慰謝料の請求を検討する、あるいは慰謝料請求を実際に行います。

しかし、不倫問題の発生後も離婚に至らず婚姻を継続する被害者の中には、慰謝料を請求しないということを選ぶ人も一定の割合でいるのです。

慰謝料を請求しない理由

個人的には「そのように考える必要はないのでは?」と感じるものもありますものの、実際に慰謝料を請求しなかった人からお聞きした中には、下記のような慰謝料を請求しない理由がありました。

  • (1)配偶者との不倫関係を解消することを約束するのであればお金はいらない
  • (2)慰謝料を請求すると不倫相手と同レベルに落ちるような気がする
  • (3)不倫相手から慰謝料を得ても使い道に困る
  • (4)慰謝料を請求することで解決を長引かせたくない

慰謝料を請求した場合

は、配偶者との不倫関係解消と再発予防を第一の目標としている場合において、不倫相手に慰謝料を請求すればどのような結果が想定されるのでしょうか?

  • (1)慰謝料が支払われて、不倫関係の解消と再度不倫関係に陥らない誓約や万が一それに反した場合の違約金を設定した示談書を交わすことができる
  • 間違いなくこれがベストだと思いますが、そう何もかも思い通りにいかないこともあります。
  • (2)慰謝料は支払われるものの、不倫関係の解消と再度不倫関係に陥らない誓約や万が一それに反した場合の違約金を設定した示談書を交わすことはできない
  • お金を払ったからもう良いでしょ?という開き直りの態度をとる不倫相手もいます。
  • (3)慰謝料すら支払われない
  • 完全な請求失敗という状況です……

和解できずに訴訟になった場合

不倫の証拠があって、不倫当時婚姻関係が破綻していなかったのであれば、慰謝料を払えという判決は得られるでしょう。

しかし、不倫関係を解消しなさいとか、再度不倫関係に陥らない誓約をしなさいという判決は出ないでしょうし、それに反した場合の違約金を設定した判決など論外です。

となると、判決までもつれることなく、途中で裁判上の和解をすれば、和解調書において不倫関係の解消と再度不倫関係に陥らない誓約や万が一それに反した場合の違約金を設定できる可能性は残っているものの、基本的には慰謝料は得られても第一の目標である不倫関係解消と再発予防という安心は得られないということになってしまうのです。

慰謝料を請求しないという選択

は、もっとも高い確率で不倫関係の解消と再度不倫関係に陥らない誓約や万が一それに反した場合の違約金を設定した示談書を交わすことができる方法はどのようなものでしょうか?

それは、慰謝料を請求しない代わりに不倫関係の解消と再度不倫関係に陥らない誓約ことを誓約させ、万が一それらに反した場合の違約金を設定した示談書に署名捺印を求めるもので、当事務所の経験上ではありますが、成功確率は95%以上の方法です。

慰謝料請求権は放棄ではなく留保

ここで一点注意事項があります。

慰謝料請求権は一度放棄すると二度と取り戻せなくなりますので、慰謝料請求権の「放棄」ではなく「留保」としておいたほうが良いでしょう。

というのも、万が一不倫相手が誓約に反した場合に違約金だけでなく、今までの慰謝料も併せて請求できるようにしておくことで、不倫相手の行動を抑止する力が働くからです。

具体的方法

不倫相手に以下の2種類の書類を送付すれば、誰しもお金は大事なのですから、非常に高い確率で不倫相手の署名捺印した示談書は返送されてきます。

示談書

不倫関係を解消し、再度不倫関係に陥らない限り慰謝料請求権を留保するが、再度不倫関係に陥った場合は留保した慰謝料請求権を行使するとともに、違約金が生じるという内容の示談書

通知書

その示談書に署名捺印して返送すれば、今回に限っては慰謝料請求権を行使しないが、署名捺印しないのであれば慰謝料請求に移るという内容の通知書

示談書に署名捺印しない場合

付した示談書に不倫相手が署名捺印しない可能性は非常に低いのですが、仮に署名捺印を拒否した場合は、通知書に記載した通りに慰謝料請求に移り、不倫相手からは金銭的満足を得る以外の方法はないです。

次のページ(不倫の慰謝料を請求されたら)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ