誠意がないと連呼する不倫慰謝料請求者への対応

慰謝料を請求された場合の誠意

倫の慰謝料を請求された人は基本的に加害者なのですから、被害者に対して誠意をもって対応し、不倫問題の解決に向かうことが常識的に考えれば人として当然と言えるでしょう。

この場合における誠意とは、全て請求者の言いなりになるということではなく、謝罪すべきことはしっかりと謝罪し、妥当な慰謝料を支払うということです。

例えば、ある事例における一般的な慰謝料額が100万円だったとします。

この場合において30万円や50万円を提示することや、「お金は払うけど謝罪するつもりはない」という態度は誠意がある対応とは言えません。

一方で、きちんと謝罪し、妥当な慰謝料額である100万円程度を提示することは、常識的に考えれば誠意ある対応と言えると思います。

誠意を連呼する慰謝料請求者

かし、慰謝料請求者の中には、加害者は全て被害者の要求通りにすることが誠意と考える人もいます。

例えある事例における一般的な慰謝料額が100万円だったとしても、自分が300万円請求しているのだから、加害者はそれに応じて、素直に満額支払うことが誠意だという具合です。

そしてそのような請求者が自分の意に沿わない(要求通りではない)回答を受けた際に決まって連呼するのは「誠意がない」という文言で、どれだけ加害者が理詰めで主張を伝えても、相場よりいくらか高い金額を提示しても納得しません。

なぜなら、請求者としては誠意を求めているつもりなのかもしれませんが、それは誠意などというものではなく、自分への絶対的な服従を求めているので、「自分の要求に従わないこと」=「誠意がない」からです。

対応方法

のような誠意を連呼しながら自身への絶対的な服従を求めている請求者に対しては、上記のように理詰めで主張を伝えようが、相場より高額の慰謝料を提示しても納得しませんから、不倫問題を解決させる方法はふたつしかありません。

請求者の全ての要求を受け容れる

ひとつの方法は、請求者の全ての要求を受け容れることです。

金銭的に受け容れることができる範囲であるとか、どうしても訴訟等を避けたいという事情があるのでしたら、何となく腑に落ちないかもしれませんが、このような解決策を検討する余地もあるでしょう。

訴訟にしてもらう

もうひとつの方法は、訴訟にしてもらうことです。

不倫問題が訴訟等に発展するということは、お互いに時間と費用がかかるので一般的には好ましくないのですが、このまま当事者間でやり取りしても解決は望めませんし、きちんとした謝罪と妥当な慰謝料額を提示しているのであればそれまでに十分な誠意を見せていると言えるのですから、後は妥当な解決方法を第三者である裁判所に導いてもらうしかないでしょう。

加害者の側から訴訟にしてほしい旨を伝えると、また「誠意がない!」と言われるのでしょうけどね……

次のページ(無茶苦茶な要求をする不倫慰謝料請求者への対応)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ