配偶者から念書を取る

念書が必要な理由

偶者が不倫していることに気付いた、あるいは不倫をしている疑いを持った後、配偶者を問い詰めた場合、その不倫の事実を認めずにしらを切る人も多いのですが、素直に認める人もいます。

上記のように、第三者と不倫関係にあったことを配偶者が認めるのでありましたら、可能なかぎり、不倫関係にあったという事実を記載した念書という形の一筆を配偶者から取っておかれたほうがいいでしょう。

「配偶者が不倫の事実関係を認めているのであれば、念書なんて必要ないのでは?」と思われるかもしれませんが、以下のような理由で出来れば取っておいたほうがいいのです。

証拠を確保する

一般的な不倫の証拠としては、肉体関係があったことが容易に推測できる内容が記載されたメールや、配偶者と不倫相手がホテルに出入りする写真等が考えられますが、そう都合よく決定的な証拠が得られるとは限りません。

また、証拠は持っていて困るものではないこと、現在所持している証拠を何らかの理由で紛失してしまう可能性もゼロではないこと、証拠は少ないより多いほうが良いということも言えます。

ですから、あやふやな証拠しかない場合はもちろんのこと、決定的な証拠を所持している場合でありましても、可能であれば更なる証拠として、配偶者から不倫の事実関係を記載した念書を取っておかれるべきでしょう。

不倫相手の言い訳を封じる

不倫相手に慰謝料を請求した場合、「不倫なんてしていません」とか「ご主人(奥様)のことを既婚者と知りませんでした」という言い訳をして、慰謝料の支払いを免れようすることがあります。

しかし、不倫をした一方(不倫相手)が事実関係を否定したとしても、他方(配偶者)が認めた確たる証拠を所持していれば、不倫相手も最終的には認めざるを得ない状態に追い込まれることが多いです。

また、それでも不倫相手が事実関係を否定した場合であっても、配偶者が不倫の事実を認めた念書があれば、念書だけでは厳しいこともありますが、その他の証拠と併せれば、訴訟等に発展した場合にも不倫の事実があったと認定される可能性が高くなります。

万が一の裏切りに備える

これから配偶者を信じて関係再構築を目指そうとしている人によっては考えたくないことかもしれませんが、現時点で配偶者が不倫の事実関係を認めていたとしても、それをいつ翻すか分かりませんし、最悪の場合には不倫相手と口裏を合わせて協力する可能性もあるのです。

現に当事務所がご相談やご依頼を受けてきた中で、最初は不倫の事実を認めて謝罪していたのに、突如配偶者が不倫の事実を全否定に転じたケーズを何件か見てきました。

しかし、一度不倫の事実関係を認める念書を提出していれば、後日それを翻すことは難しいという心理になるでしょうし、仮に翻したところで念書という証拠を握っているのですから問題ありません。

内容

偶者から念書を取る際には、以下の内容を記載してもらってください。

(1)どこの誰と

まずは、「どこの誰と」ということを記載して、不倫相手を特定させます。

基本的には「山田太郎氏(○○県○○市○○町1-1-1 ○○マンション○○号室在住、昭和○年○月○日生)」とまで記載したほうがいいのですが、配偶者も不倫相手の全てを知っているとは限りませんので、正確な住所や生年月日を認識していないことも考えられます。

その場合は、「どこの誰」ということを確定させるために、「山田太郎氏(株式会社○○営業第一部(○○県○○市○○町1-1-1 ○○ビル○階)所属」という具合に、住所ではなく勤務先とその部署等を記載してもいいでしょう。

(2)いつからいつまで何回

不倫期間の長短や肉体関係の回数によって慰謝料額は大幅に変わりますので、「いつからいつまで何回」肉体関係を持ったかを記載します。

可能であれば「平成○年○月○日から平成○年○月○日にかけて○回」という具合に記載すべきです。

しかし、正確な始期と終期の月日や肉体関係を持った回数まで覚えていない場合(特に始まりの時期や回数は覚えていないことが多いでしょう)は、「平成○年夏頃から平成○年○月にかけて○回程度」というように記載してもいいでしょう。

(3)どこで

一般的に不貞行為が行われるのはホテルか自宅ですから、「ホテル○○(○○県○○市○○町2-2-2)において」とか「山田太郎氏自宅(○○県○○市○○町1-1-1 ○○マンション○○号室)において」等と記載します。

(4)何をしたか

不倫相手に慰謝料を請求できる条件は、「不倫相手が配偶者のことを既婚者と知っていたこと(又は知らなかったことに過失があること)」、「肉体関係を持ったこと」ですから、このことを記載する必要があります。

ですから、「山田太郎氏は私を既婚者と認識していた上で、私と山田太郎氏は肉体関係を持った」等と記載します。

(5)締め

念書に記載した上記(1)から(4)の事実を認める旨と、念書作成者(配偶者)の名前と住所、念書作成日と作成場所を記載したうえで、名前の横に押印(認印でもいいですが、できれば実印で)します。

注意点

書を配偶者に作成してもらううえでは、以下のようなふたつの注意点があります。

全て自筆で作成する

本文と署名全てをパソコンで作成し、印鑑だけ配偶者に押印してもらうという形は、後日「俺はこんなもの書いていない、印鑑も勝手に押しただけだろ!」という主張される可能性がありますので、避けなければなりません。

また、本文はパソコンで作成して、署名だけ自筆という形にすることも考えられますが、この方法でも上記のような主張をされると、最終的には筆跡鑑定等をすれば良いのでしょうが、面倒な手間がかかる可能性があります。

よって、本文と署名全てを最初から自筆で記載してもらうべきです。

なお、念書作成に使用する用紙は、便箋やコピー用紙など常識的なものを用いるべきで、手帳の切れ端やチラシの裏などは避けられたほうがいいでしょう。

場所

念書をどこで書いてもらうかも重要です。

というのも、仮に配偶者が裏切って、不倫の事実関係否定に転じた場合、この念書をなかったものにしようと画策するでしょうが、その方法は「この念書は脅迫によって書かされた」という主張をすると考えられるからです。

よって、自宅をはじめとした密室ではなく、不特定多数が出入りできるような喫茶店やファミレス等で作成したほうが良いでしょう。

仮に喫茶店やファミレス等で脅迫行為があれば、店員さんや他のお客さんが気付くはずですので、「脅迫によって書かされた」という主張は不自然極まりないと言えますから、その主張が通る可能性は限りなく低いです。

なお、上記の「作成場所」を念書に記載する理由は、事前にこのような主張を封じるためです。

文例

後に念書の文例をご紹介します。

  • ※念書の文例
  • 佐藤一郎様

    私、佐藤花子は、山田太郎氏(神奈川県横浜市中区○○町1-1-1 ○○マンション○○号室在住、昭和50年1月1日生)と平成22年1月1日から平成23年3月1日にかけて10回、ホテル○○(神奈川県横浜市西区○○町2-2-2)や山田太郎氏自宅(神奈川県横浜市中区○○町1-1-1 ○○マンション○○号室)等において、山田太郎氏は私を既婚者と認識していた上で、私と山田太郎氏は肉体関係を持ったことを認め、本念書を差し出します。

    平成23年5月1日、ファミリーレストラン○○の○○店にて作成

    神奈川県横浜市神奈川区○○町3-3-3 ○○マンション○○号室 佐藤花子 印

次のページ(不倫後に作成する配偶者との契約書)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ