不倫相手にとって痛くない慰謝料請求額

相場程度の慰謝料額は痛くない

偶者の不倫相手に対する慰謝料の請求額を決めるに際して、「相場程度の請求額では不倫相手にとって痛くない(不倫相手にダメージがない)」という理由で、非常に高額(法外と言っても良いでしょう。)の請求をする人がいます。

例えば、その事例における一般的な慰謝料の相場は100万円であったとして、不倫相手は年齢に比して預貯金が多い、高収入である、社会的地位が高い、親からの経済的な援助が期待できるなどの場合、「相場である100万円の慰謝料を支払わせたところで不倫相手には痛くも痒くもないから、500万円を請求したい!」という感じです。

しかし、そのような経済力のある不倫相手にとって、相場程度の慰謝料支払いは本当に痛くも痒くもないのでしょうか?

人は想像以上にお金にシビア

事務所のこれまでの経験上、人は程度の差こそありますが、余程の低額でない限り、目に見えない精神的損害を補填するための慰謝料という金銭を支払うことに躊躇するものです。

余程の低額とは、普通の人にとっては数円から多くても数万円程度で、おそらく友人や知人と食事に行った際、「私が出すよ!」とためらいなく奢ることができる程度の金額です。

結果的には不倫相手にとって痛い額を請求している

しかし、不貞行為の慰謝料が数円から数万円になるということは考え難く、どうしても普通の人が支払いに躊躇する以上の金額を請求することになりますから、結果的に不倫相手にとっては痛い額の慰謝料が請求されていることになるのです。

高額な慰謝料を請求したい本当の理由

かし、高収入は高収入であるものの、財布は完全に配偶者に握られていて、不倫相手が自由にできるお金は微々たるものであるとか、実はどこかに多額の借り入れがあるなど、不倫相手の経済状況が予想に反して悪かったことが判明した場合でも、「相場程度の請求では不倫相手には痛くない」という理由で非常に高額を請求した人は、相場程度までの減額に応じることはほとんどありません。

これは結局のところ、「相場程度の請求では不倫相手には痛くない」ということを理由にして、相場よりも非常に高額の請求を自分の中で正当化しているだけなのです。

つまり、「相場程度の請求額では不倫相手には痛くない」という気持ちもいくらかあることは確かでしょうが、本当の気持ちは「相場程度の請求額では自分が納得できない」なのだと思います。

自分の気持ちに正直に

額な慰謝料を請求したいのであれば、「相場程度の請求額では自分が納得できない」という気持ちに正直になったほうが自分自身も楽だと思います。

専門家に慰謝料請求を依頼する場合

また、慰謝料の請求を専門家に依頼する場合でも、「相場程度の請求額では不倫相手には痛くないから高額の請求をしたい」と言っていた人が、不倫相手の予期せぬ経済状況(予測していたより経済状況が悪い)が判明しても相場程度までの減額に応じなければ、依頼を受けた専門家も「以前と今では言っていることの辻褄が合わない」と感じて双方の信頼関係が崩れる可能性があります。

そのため、最初から「相場程度の請求額では自分が納得できないから高額の慰謝料を請求したい」という正直な気持ちを伝えておいたほうが、専門家との信頼関係が損なわれないでしょう。

慰謝料額にある程度拘ることは間違いでも恥ずかしいことでもない

不倫によって受けた精神的損害は金銭によって慰藉されるべきものですから、法外な金額に拘り過ぎれば解決は難しいものの、ある程度金額にこだわることは決して間違っていることでも、恥ずかしいことでもないのです。

次のページ(不倫の慰謝料を請求された人の思考と行動パターン)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ