不倫の慰謝料

慰謝料とは?

談で「慰謝料払ってくれ!」というような会話が友人同士の間などでされること(私の周囲だけの話でしょうか?)もありますし、ニュースや新聞、テレビの法律番組などでもよく耳にするので、「慰謝料」という言葉は身近な存在だと思います。

定義

ただ、不倫の慰謝料の正確な定義を知っている人は少ないのではないでしょうか?

不倫の慰謝料とは、不法行為によって受けた精神的損害を償うための金銭のことです。

発生条件

次に不倫の慰謝料の発生条件についてご説明します。

(1)故意又は過失があること

故意とは、自分の行為が他人の権利・利益を侵害する結果となることを知りながら、敢えてその行為をすることです。

過失とは、自分の行為により他人の権利・利益を侵害することになることを知るべきなのに、不注意のためにそれを知らないで、その行為を行うことです。

不倫の問題に当てはめますと、相手に配偶者がいることを知りながら肉体関係を持つことは、夫婦関係を崩壊させるとの認識や、少なくとも不倫された配偶者が精神的損害を被るとの認識があるでしょう(これらが全くないという人は、小学生あたりからやり直されたほうがいいでしょうし、そのような言い訳は世間では通用しません)から、故意があるということになります。

また、注意すれば相手に配偶者がいることを知ることができたのに、不注意で独身者だと信じて肉体関係を持つことは、故意はないということになりますが、過失はあるということになります。

では、配偶者のある男性が「俺は独身だよ」とウソをつき、その言動(男性が一人暮らしをしていて、その家に頻繁に行ける招待されるうえ、家の中が散らかり放題など)などから独身者と信じた場合は、どうでしょうか?

この場合は、そう信じたことが一般的な社会人の注意力からして無理もないと認められるときには、故意も過失もないということになります。

なお、配偶者のある人から「そのうち離婚するよ」や「夫婦関係は冷め切っている」などと言われて、その言葉を信じて肉体関係を持った場合でも、それが真実でなければ故意又は過失があると考えられていますので、仮にそのような言葉を信じたとしましても、相手の配偶者から不倫の慰謝料を請求される可能性があることは覚悟すべきでしょう。

(2)違法性

違法性は、家庭生活上の平和を破壊したことにあると考えられています。

常識的に考えても、普通の人間は配偶者に不倫をされた場合、非常に傷つき、食事が喉を通らなくなることや、精神的に不安定な状態になることが多いことは分かるでしょう。

これが、不倫によって家庭生活上の平和を破壊したことになります。

(3)損害の発生との因果関係

不法行為は、故意又は過失によって他人の権利を侵害することですが、この加害行為(具体的には配偶者と第三者の不倫)と損害(不倫をされた配偶者の精神的苦痛)との間に因果関係がなければなりません。

配偶者と第三者(配偶者の不倫相手)の不倫によって、被害者の精神的平和が乱されたならば、損害が発生したといえるでしょう。

例えば夫と、どこかの女性が不倫したとします。

「もう離婚だ!」と妻が怒りはしたものの、しばらくして夫を許し、夫婦関係が破綻することなく回復した場合でも、「精神的平和を乱されて精神的苦痛を受けたのであれば、不倫の慰謝料請求はできる」とされています。

(4)婚姻関係が破綻していなかったこと

世の中には星の数ほどの夫婦がおり、その婚姻関係もその数だけ違うと言えます。

新婚当時のようなラブラブ状態を続けている夫婦もいるでしょうし、ラブラブ状態とまでは言えなくてもごく普通の円満な夫婦もいるでしょうし、子供のために離婚はしていないものの家庭内別居のような夫婦もいるでしょう。

そして、不倫が行われる前に婚姻関係が破綻していた場合には、慰謝料は発生しません。

なぜならば、不倫が行われる前に婚姻関係が破綻していならば、既に夫(妻)として円満な婚姻生活を送る権利が喪失しているからです。

どんなときに破綻していていると言えるかは、ケースによって異なるのですが、少なくとも夫婦が同居している場合は、破綻しているとまでは言えない可能性が高いです。

次のページ(不倫の慰謝料額)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ