法律なんて関係ない!

法外な慰謝料額の請求、無茶苦茶な要求

般的な不倫の慰謝料額の相場とかけ離れた法外な額を請求し続ける、法律的には認められない退職や転居を執拗に要求し続けるなど、不倫の被害者であることには同情するものの、被害者だからと言って何をしても良いものではないと感じる請求者がいます。

例えば100万円程度の慰謝料が一般的な事例において、慰謝料を請求された人が似たような判例を挙げて「この判例での裁判所の認容額は100万円だから、それに近い額で解決していただけませんか?」と持ちかけても、「判例がどうであろうと、私は500万円でなければ解決する気がない」とか、挙句の果てには「法律なんて関係ない!」とまで言い出す人がいるのです。

慰謝料請求者が求めているもの

のようなタイプの慰謝料請求者は全て自分の要求通り、あるいはほぼそれに近い形にならないと気が済まないのであって、信じられない話かもしれませんが、その人の中では本当に法律、判例、相場などは関係ないようなのです。

また、慰謝料を請求された人が自分に絶対的な服従をすること(全て請求者の要求を受け容れること)を求めているので、いくら懇切丁寧に判例を挙げて解決をお願いしても、最終的には「誠意がない」「自分の立場が分かっていない」などとブチ切れるのです。

対応方法

のように少々困った、話が通じない請求者が相手である場合、ある一言で話が通じるようになることがあります。

それは……

「貴方は法律や判例に基づいて請求されているのですよね?」

法律なんて関係ないのであれば、そもそも不倫の慰謝料を請求できるわけがないのですから、都合の良いときだけ法律や判例を持ち出し、自分の思い通りにならならなくなると「法律なんて関係ない!」と言い出す人には、上記の文言が非常に効果あります。

不倫の加害者と被害者という大前提は忘れずに

だ、勘違いしていただきたくないのは、不倫の慰謝料を請求された人は原則として加害者であり、不倫の慰謝料を請求している人は被害者なのですから、「きちんと謝罪し妥当な慰謝料を払う」ということは大前提だと思います。

そして、不倫の加害者側が謝罪と妥当な慰謝料を支払おうとしているのに、法外な請求や無茶苦茶な要求を続け、法律なんて関係ない!という不倫の被害者に対しては、このような切り返しも検討する余地があるということであって、あくまでも「きちんと謝罪して妥当な慰謝料を払う」ための切り返し方法だとお考えください。

次のページ(慰謝料額を合意に至らせる魔法の言葉)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ