不倫慰謝料請求者の本音

請求者の本音の実際

れは、あくまでもこれまで多くの不倫慰謝料請求に関するご相談やご依頼を受けてきて感じた、私個人の考えです。

私がお手伝いした慰謝料請求のケースでは、「どのぐらいの慰謝料額を不倫相手に請求されたいですか?」「どのぐらいの慰謝料を得られればいいとお考えですか?」とお聞きすると、最初は「お金に困っているわけではありませんから、100万円でも200万円でも構わないです。金額の問題ではないですから」という回答が多いように感じます。

また、ひどいとき(?)には「先生が決めてください」という人すらいました。

「えっ?私が決めるの?」と困ってしまったものです・・・もちろん、私はアドバイスするだけで、最終決定は依頼者にしていただきましたが。

たまに、最初から「絶対にこの金額」と言われる方もいらっしゃいます(こういう人の請求は失敗に終わることが多いのですが・・・詳しくはこちらの不倫の慰謝料請求が失敗するタイプの人をご覧ください)が、多くの方の場合、金額は二の次です。

200万円を請求していても、「きちんと謝罪を受けられるのであれば、50万円ぐらいで許してやるか」という具合に考えている人も多いようです。

不倫の慰謝料を請求する人は、第一に不倫相手から謝罪を得たい、第二に慰謝料請求者の気持ちの中でけじめをつけたい、第三に金銭を得たい、第四に不倫相手に制裁を科したいということを目的にしている人が多いように思います。

なお、請求者夫婦が今後も婚姻を継続するのであれば、上記に配偶者と不倫相手の交際を止めさせたいというのが加わることが多いです。

対応によって気持ちは変わる

ころが、慰謝料を請求された側からの返答や対応によって、請求者の気持ちは変わっていきます。

請求に対して逃げ回る(無視し続ける)男性、「私は悪くない、旦那が不倫するのはあなた(請求者である奥さん)に魅力がないからだ」などと自己弁護に終始する女性、請求額を何とか値切ろうとする姿が見えすぎる(金額のことにしか目がいかず、その裏を読めていない)男性、ウソをでっち上げる女性などは、早期円満に解決することを自ら放棄しているようなものです。

私は請求された側からの返答を見て、「この男は馬鹿だな~、下手だな~」と感じますが、多くの男性(女性も)の態度はこのような感じです。これに対して以下のような文面ならどうでしょうか?

  • ※返答文例
  • 「私が不貞行為を行ったのが悪いので、本当に申し訳なく思っておりますし、そのことに関しては後日改めて謝罪に伺わせていただきます。しかし、私の年収は○万円であり、預貯金もそれほど多くないなど、現在の経済力では奥様(ご主人)が請求されておられる200万円を支払うことが不可能なので、どうか慰謝料を100万円にして解決させていただけないでしょうか?」

確実に円満に解決するとまでは言いませんが、調停や訴訟等に発展することなく、話し合いで解決する可能性は高いでしょう。

返答に記載すべきこと

謝料を請求されること自体はやむを得ないと考えているものの、経済的にどうしても支払えないという人(預貯金もなく、失業中で収入もないなど)もいるでしょう。

ですから、慰謝料を払えないなら、払えないと記載してもいいと思います。

また、慰謝料を支払うことに異論はないけれども、どうしてもそこまでの請求額は支払えない事情があるという人もいるでしょう。

しかし、慰謝料を支払わないですむようにするために、あるいは少しでも減額できるようにするために、不貞行為前の夫婦関係等を根拠にして、請求者を責めるばかりすることはやめたほうがよく、必ず請求者に対する謝罪の言葉を入れるべきでしょう。

例えば、200万円の慰謝料を請求された場合に「ご主人は奥様の○○や○○について不満を持っていたなど、不貞行為前から夫婦は円満とは言えないと思いますので、金100万円で解決させてください」という趣旨のことを単に記載するだけでなく、その文章の前に「本当に申し訳なく思っています」などの謝罪の文言を入れるわけです。

このような謝罪の言葉さえ入っていれば、請求額を満額取られる可能性は低いと思いますし、場合によっては、慰謝料はゼロという形で解決させることもできる可能性があります。

謝罪の文言の有無で大きく異なる

例えば、「不倫の件に関しては大変申し訳なく思っていますが、私には預貯金もなく、また失業中で収入もありませんので、何とか慰謝料についてはお許し願えないでしょうか」と返答した場合と、「私には預貯金もなく、また失業中で収入もありませんので、慰謝料はお支払いできません」と返答した場合を考えてみます。

どちらも結論は「慰謝料は払わない」と同じなのですが、請求者がその返答から受ける印象には雲泥の差があることはご理解いただけると思います。

前述のように、慰謝料請求者の第一の目的は、配偶者の不倫相手から謝罪を得ることであることが多いので、きちんとした謝罪を得られたことで「もう許してあげようか」と思うこともあれば、解決が長引くことを嫌って「謝罪を得られたから減額に応じてもいいや」と思うこともあるからです。

不倫の慰謝料を請求する場合、請求者がお金に困っているということはあまりありません

つまり、儲けよう(?)と思って慰謝料を請求しようとしているわけではないのです。

ほとんどの慰謝料請求者は、金額の問題ではない(金の亡者のような人もいましたので、一部を除きます)のです。

きちんとした謝罪と対応をすれば、調停や訴訟になることなく、早期に話し合いで解決する可能性は高いのです。

なお、当事務所は「解決まで3ヶ月かけて200万円を得るよりも、1ヶ月で100万円を得たほうが、結局は請求者のためになる」と考えておりますので、この金額でなければ納得できないと明確に決められているような方は、他の事務所等に依頼されたほうがいいと思います。

次のページ(不倫の被害者は誰?)へ

不倫慰謝料相談室のメニューに戻る

不倫慰謝料、婚約破棄、離婚相談室TOPに戻る

ページの先頭へ